楽器についての簡単な知識

楽器についての簡単な知識

HOME オタマトーン <カラー図解>楽器のしくみ CASIO 電子キーボード 運営者 ブログ



楽器には様々な種類がありますが「音楽を奏でるため」に作られたもの、という点は共通です。
「音が出るもの」の範囲はもっと広いのですが、たとえばお寺の釣鐘や、庭先につるす風鈴などは、楽器とは呼びません。

また、人間の「声」も楽器の一つとして、音楽の一部に取り入れられることがあります。
楽器には、管楽器、弦楽器、打楽器、鍵盤楽器などに分けられます。

最近は、電気楽器、電子楽器なども注目を集めています。
このうち「どれが簡単で、どれが難しい」というのは、一概には言えません。

もしも「これから楽器を習い始めよう!!」と思うなら、「自分に合うかどうか」という観点で、選びましょう。
一般論としては、ピアノ、バイオリン、フルート、声楽・ボイストレーニング、電子オルガン・キーボードなどは、様々な教室があり、習い始めるのに苦労はしません。

また、独学のある程度できる楽器もあり、バンド演奏をするためのギター、ベース、キーボードなどは、自分で練習して腕を上げる人もいます。
楽器の練習を始めるなら、「上達するのには、時間がかかる」ことを覚悟しておきましょう。
3ヵ月や4ヶ月で上達しないから、と諦めてしまったら、それまでの時間が無駄になります。

他の楽器を習い始めるなら、また1から学び始めることになります。
ただ、1年、2年と楽器を習い続けるならば、楽器の維持費、教室への月謝など、出費もそれなりのものになります。
始めるときに、それだけの覚悟をしておくことが、長続きをさせるコツになります。



[本サイトは下記のスポンサー様の広告にて運営されています]

無駄毛のお手入れどうしていますか?
脱毛器具

ソーラー発電に関する詳しい説明
ソーラー発電


[PR]注目のPICKUPサイト